根本です。


今回はブログ読者様からレビュー依頼のあった
案件について徹底検証していきたいと思います。


今回レビューする案件もかなり怪しい案件となっていますので
注意喚起の意味も込めて僕なりの意見を述べていきたいなと思います。


それでは早速いってみましょう。


>[100万→無料!?]”期間限定”裏マニュアル配布中!!

萩原亮 The FUND project





特商法の記載


なし


萩原亮 The FUND projectのレビュー




「30才にして資産200億円以上」

「数々の投資実績と強力な人脈を持つ投資コンサルタント
 荻原亮が前代未聞の裏情報を解禁」


「全人類が資金力0の状態から資産1億円以上のステージへ」




という文面から始まる今回のオファー。


まず、セールスレターを見る限り
今回のオファーは有名人を出汁に使ってブランディングする系の
オファーとなっています。


ここで、注意して欲しい事はこういう有名人との写真って
イベントなどであれば全然取れるという事実があると言う事です。





例えば、以前ホリエモンがやっていた企画などでは
ある参加費を払えばホリエモンと食事ができるなどの企画もありました。


また、情報起業家は有名人とのコネも多少あります。


そこで、下っ端の人間を引き連れて写真を取らせ
その写真をブランディングに使って新たなオファーの
演出にすると言うことは珍しくないんですね。


もちろん、動画に一緒に出演してくれるとかになった場合は
それなりの信憑性もあるのかもしれませんが、
ゴリゴリの有名人が無料オファーに出演するなんて事は
絶対にありえません。


まぁ、もし無料オファーなんかにでたら
一気に週刊誌などに叩かれますからね。


落ち目になって芸能界で稼げないタレントが
無料オファーに出るなんてケースは結構ありますけど。


で、今回のThe FUND projectの発信者である荻原亮さんですが、
レターに書いてあるプロフィールを見る限りかなりの経歴のようです。





ただ、この辺のプロフィールなんかは話半分、
あるいは


「ほぼ嘘」


ぐらいの感覚でみる方がいいでしょう笑


というのも、この業界はこの経歴とかは本当に捏造が多いからです。


それこそ、言ったもん勝ちの世界が今の無料オファーの世界の実態だったりします。



例えば、このプロフィールに出てくる


「自らの会社の特別顧問に愛知和男(元国務大臣・環境庁/防衛庁長官)、
 顧問に井脇ノブ子(元衆議院議員)、堀内忠明(元日本銀行)を迎え
 事業を拡大する」


「中華人民共和国政府との日中経済・友好交流に着手し、
 駐日中華人民共和国大使館劉総領事との協議に参加する」


「第93代内閣総理大臣/東アジア共同体研究所理事長となり、
 鳩山由紀夫・幸夫人と協議を繰り広げた」


「自民党幹事長・二階俊博先生率いる
 中国文化交流団に日本代表として選出される」



などの実績が仮に本当ならば、
おそらく萩原亮さんはかなりの注目を
一般メディアからも受けるはずです。


しかし、実際はネット検索ですらこんな実情



音楽家とか研究者の萩原亮さんは出てきますが、
資産家の荻原さんは1ミリも情報がでてきませんw



また、中国文化交流団などのキーワードも検索してみましたが
そもそもそんな団体はないっぽいです。


萩原さんが勝手に言っているだけ。


つまり、これが情報業界の実態なんです。


だからこそ、今回のThe FUND projectなどに出てくる
プロフィールなんかは信じるべきではないんですね。


なんせ、嘘しかいってないですから・・・・


ちなみに、今回のThe FUND projectのビジネスモデルは


「仮想通貨のICO」


になります。


ICOというのは簡単に言えば、先行投資のようなものです。


ある企業が、上場するための資金調達の時に
自分たちに投資してくれたら上場のあかつきには
投資金を増やして返します


というものです。


それを株ではなく、仮想通貨で行うのがICOになります。


ただ、現在日本で行われている8割9割は詐欺と
言われていますし、今の段階でICOで稼ぐというのは
一般人には全く現実的ではありません。



それこそ、これまで無料オファーでは物凄い数の
ICO案件がでましたが全て詐欺でしたので・・・


特に無料オファーで仮想通貨というキーワードがでたら
絶対に参加すべきではないというのが僕の考えです。


もちろん、今回の萩原亮さんが発信するThe FUND project
にも絶対に参加すべきではないと断言させて頂きます。



で、実際このThe FUND projectのオファーページから
メールを登録しその後の流れを見ていきました。


まず、オファーページのメール登録欄にメールアドレスを登録します。





登録が完了すると以下のようなページに移動します。




ここで注目すべきはこれ。


「ラインに登録すればXRP3000万円分プレゼント」


という文面。


もちろん、これはLINEに登録させる口実で
実際にそういったコインをもらえるわけではありません。


仮にもらえたとしてもゴミにもならない
仮想通貨だと思います。


では、ここから実際にラインに登録してみます。


登録してみると動画が送られてきます。


ここから、今回のThe FUND projectの核の部分に入ってくるわけです。


実際、僕も動画を検証してみました。





この動画を見る限り、萩原亮は仮想通貨で200億稼いでいるらしいです。




まぁ、仮に本当にそれだけ仮想通貨で稼ぐ事ができていれば
今頃各メディアに引っ張りダコですよ。


でも、実際の実情はこれ




1ミリも情報が出てきません。


まぁ、この辺はいったもんが勝ちって感じですね。


現在進行形で仮想通貨の投資で稼いでいると言っていますが、
もうバブルが弾けた今ではそこまでの額のお金を稼げる事は絶対にありません。


その後は延々、荻原氏さんの自慢話が続きますw


ただ、この動画の中では実際にどのようにして稼いでいくのか
などの情報は一切でてきませんでした。


>[100万→無料!?]”期間限定”裏マニュアル配布中!!


特商法の記載についての言及



また、そのオファーが優良なオファーがどうかを
判断する上で特商法の記載に不備があるかという基準があります。


基本的に、何かしらの無料オファーを発信するためには
この特商法の記載が必須になります。


特商法のとは

・販売会社
・販売者
・住所
・電話番号
・メールアドレス


が一通りきちんと記述されていて初めて
特商法に不備がないと言えます。


逆に、これらのどれかに漏れがあればそのオファーは
悪質なオファーであるケースが多いです。


これまでも、特商法の不備があるオファーはもれなく
悪質なものが大半でした。


その観点から今回の萩原亮さんのThe FUND projectを
見ていきたいと思います。


で、実際に特商法を確認してみたところ


「特商法の記載はありませんでした」


これはそもそも法律違反ですので、
オファーとして論外ですね。


仮に、あなたが何かしらの商品を購入する際
その商品を作っている会社、その会社の住所
その会社の連絡先がわからなければどうでしょうか。


おそらく、その商品に対しての信頼がでてこないと思います。


当然、そんな商品は買わないでしょう。


つまり、特商法の記載がないと言う事はそういう事なんです。


まぁ、これは本当に論外中の論外なんで
この時点で今回の萩原亮さんのThe FUND projectは
悪質なオファーであると言わざるをえません。


あとは、このThe FUND projectには、
無料オファー独特の言葉のロジックがふんだんに使われています。


例えば、

「参加者全員に1億円を100%還元」


「30才にして資産200億円以上数々の投資実績と強力な人脈を持つ」


などの言葉。


ここには1ミリも


「実際に参加者を稼がせる」


とは書かれていません。


つまり、この辺の言葉使いによって稼げない人が
たくさんでてきても


「いや、自分は稼がせるなんた一言もいってませんよ」


と言い逃れができるんですね。


まぁ、この辺は無料オファーならではというか
クレームが乱発することを前提で考えているからこその
言い回しとも見えます。


あとはなんて言っても


「萩原亮が満を持して発信する金融ビジネスの裏情報を
 5日間限定で無料公開する」


というこれ。


ここで注目して欲しい事は、なぜわざわざそういう情報を
無料で公開するのかという点です。


その最大の理由はなんと言っても、


「自分たちの利益」


のためにでこのオファーそのものに
興味や関心を植え付けさせるためです。


動画によって、そういう心理状況を意図的に作り出し
完全に出来上がった時に


「ここからは有料です」


と高額な値段をふっかける。


つまり、無料動画というのはそこに至る導線であり、
本当に稼げる情報が無料でえられるわけではないのです。


現にこの業界では今回の萩原亮さんのThe FUND project
のような案件を無料オファーと呼んでいるのですが、
それは無料で有益な情報を公開するからではなく


「稼げる情報を無料で公開すると装っているから」


無料オファーと言うんですね。


実際問題、僕もこれまで膨大な数レビューしてきましたが
無料は愚か、高額なコンテンツであっても稼げた人は
見たことありません。


言ってみれば、本気でネットビジネスで稼ぎたいとか
何かしらのお金稼ぎをしていきたいと言う人は
こういった無料オファーではなくまともな稼ぎ方を
習得していって欲しいなと思いますね。



では、今回は以上になります。


>[100万→無料!?]”期間限定”裏マニュアル配布中!!