※第2話が公開されました!追加情報はこの記事の最下部にあります。


根本です。


今回かなり大きなオファーが発信されたこともあり、多くの読者の方からレビュー以来が殺到しています。


僕から見ても


「これは引っかかる人が多いだろうな」


と感じるものでした。


ただ、あらかじめはっきり言っておきますがどれだけそれっぽく振る舞おうと、所詮無料オファーは無料オファー。


結局は、情弱からお金をむしり取ることしか考えていない連中です。


それゆえに、彼らは


「いかに金を搾り取れるか」


「そのためにいかに信じ込ませるか」


ということにエネルギーを注いでいます。


今回のオファーも全く同じ。


いくらそれっぽい作りだったとしても、ツッコミどころは満載ですから。


というわけで、その内容に踏み込んで行きたいと思います。


ちなみに、そのオファーとは漆沢祐樹さんという方が発信する


「世界通貨協議会」


というオファーです。


それでは早速行ってみましょう。


漆沢祐樹 世界通貨協議会




http://world-currency.jp/lp/ouzoku/



漆沢祐樹 世界通貨協議会のレビュー



「大統領、王族、華僑、大使、政府、上場会社、大企業、銀行、証券会社」


「最上位の階級、称号を持つ関係者や大企業が”第2のバブル”を予測して結成された最上流の団体」


そんな、いかにも胡散臭いキャッチコピーで始まる漆沢祐樹さんが手がける、世界通貨協議会。


これだけ大々的な発信をしているのに、そもそも特商法の記載がありません。


これはよくあるパターンですが、最初の段階で特商法の記載がない場合、今の時点で掲載するとやばい事があるという事例が大きかったりします。


例えば、特商法を載せることによってオファー自体がどこから発信されているのか、あるいは誰が発信したのかがわかるとうケース。


まぁ、今回のオファーに関してはちょっと調べれば誰が関与しているオファーなのかはすぐわかるんですけどね。


ちなみに、今回の漆沢祐樹 世界通貨協議会の中心的存在となっているのは


「正岡元樹(元木)」


という人物であり、


「ソリューションアフィリエイトセンター」


というASPから発信されています。


ちなみに、この正岡さんとソリューションアフィリエイトセンターは過去に


・マザーギフトプロジェクトー芹那




ビリオネアバンクオーナーズクラブー広田丈二



ミリオネアドリームプロジェクトー河村泰好



天下統一プロジェクトー坂本京介



などがありました。


ただまぁ、これらのオファーがどのようなオファーだったのかというと、大炎上はもちろんの事、いまだに裁判中の案件もあります。


要は、この正岡元樹(元木)氏やソリューションアフィリエイトセンターが手がけるオファーは


「非常に危険」


だという事です。


自分自身がこう行ったオファーに騙されないためには、世界通貨協議会がどうとかいう問題よりも、


「そのオファーのバックに誰がいるのか」


ここをしっかり見るようにして下さい。



世界通貨協議会の動画見て、このオファーの結論が見えた



では次にメールアドレスを登録すると、配布される動画を見てみました。





はい、出ました笑




無料オファーの定番インタビュアーの、小野里はじめさん。


大抵、彼が登場するオファーってかなりまずいものが多かったりします。


例えば、僕のブログでも注意喚起を促したオファーである以下のものとかも全部小野里さんがインタビュアーとして登場していました。


>佐野雄大 ギビングビレッジジャパン

>星野大地 遊びの達人


まぁ、結局全ての人間が全部繋がっているという事なんですけど。


僕目線からすれば、これまで長年色々な無料オファーを検証してきましたが、小野里さんがでているものは本当に悪質なものが多い傾向があります。


なので、小野里さんが登場するオファー=注意が必要というように自ずとなってくるんですね。


で、今回の世界通貨協議会の発信者は、漆沢祐樹という方なのですが以下のような経歴を持たれている方のよう。




ただ、それだけ凄い経歴の持ち主なのにネットで検索してもこれといった情報はでてきません。


今の時代、ある程度知名度があればネットで情報が出てこないなんてありえない話。


にも関わらず、漆沢さんの情報はでてこないんです。


これはどういう事かというと、この漆沢という人物は単なる演者であり仮想通貨などの実績は全て演出というケースだったりします。


まぁ、これに関しては業界では普通の事なんですが、無料オファーの出演者ってもれなく売れない役者をやとっていたりするケースがほとんどだからです。


それこそ、ネットビジネス界では重鎮と呼ばれている方でさえ、そういう演者のだったりしますからね。








平気でこう行った嘘をつくあたり、つくづく無料オファーは危険だなと思うわけです。


そもそもこんなWCCとかを扱ったメディアなんてありませんから。



世界通貨協議会の動画に隠された巧妙な嘘



また、動画内では今回の世界通貨協議会には、世界各国の王族や大統領が集まったとあります。


以下のような方達の事でしょう。




確かに、これらの方が一同に集まって仮想通貨のイベントが開かれたのは事実です。


ただ、ドゥテルテ大統領の弟などが集まったのは確かですが、果たして彼がどこまでの影響力がある人物なのかは未知数。


また、以下のような集合写真者に漆沢さんが写っているのは間違いありませんが、いわゆる有名人とのツーショット写真は一つもありません。




まぁ、最近では無料オファーが東南アジアの仮想通貨のパーティーなどに登場するケースは結構あります。


あの”泉忠司”さんとかも、そういうイベントなどには出席しています。


ただ、それもこれも全ての目的は、今回のようなオファー発進時のブランディングのためだったりするんです。


あくまでも、中身のないパーティーを開催したり、参加したりするもののそれは実態のあるパーティーではない。


それをあたかも世界が認めたもののにように演出する。


おそらく、今回のオファー世界通貨協議会もそんな感じでしょう。


あくまでも、このオファーのためだけにコンペを開いて有名人を呼ぶ。


でも、そこに集まっているのはあくまでもドゥテルテ大統領の弟であって、ドゥテルテ大統領本人ではありません。


確かに大統領を呼べれば、ある程度の権威はあるのでしょうがその弟がそれだけのものか・・・・


兄の名前を使って自分はがっぽり儲けるなんて事例は成果では結構ありますので。


あまりあてにしない方がいいでしょう。


韓国に放送局を持っている会社や、時価総額2兆円のインドの会社が世界通貨協議会に参加しているとか言っていますが、その証拠は一切ありません。




ちなみに、そのビジネスモデルですが今のところまだわかりません。


ただ、第1話の動画を見る限り


「世界通貨」


と言ったキーワードがでていますので、仮想通貨のICOとかそういうものになってくるのではないのかなと思っています。


まぁ、はっきり言って今の時代、新しい通貨とか仮想通貨とか言っている時点で時代遅れというか、わかってないなという感じです。


実際、そういうところにビジネスチャンスなんてありませんからね。


あともう一つ注意しておいて欲しい事は、ここで登場するドゥテルテ大統領の弟が出席した理由は、決して世界通貨協議会が主催する世界通貨なるものを推奨するためではありません


あくまでも、自国フィリピンのためであり、自分のためです。


実際、以下のサイトではその当時の様子がニュースとなっています。


引用:https://kasoutuukasimai.work/2018/09/14/01-28/


ただ、そこで記載されていた内容はこんな感じ。



「ワールドカレンシーカンファレンス」にフィリピンを代表して、フィリピングローバルコイン・JPGCのCEOエマニュエル・ドゥテルテ氏と、フィリピンのジャーナリスト、アルホ・ベンディーフォー氏が登壇した」


ドゥテルテ氏は「私が創業したJ-PGCのフィリピングローバルコインについては、大きな自信があります。また、マイクロファイナンス事業も効率的なリターンを見込めます。」などと語った。



アルホ・ベンディーフォー氏は、国営放送キャスター経験を持つジャーナリストとして、公正中立な立場からJ-PGCの事業説明を行なった。



引用:https://kasoutuukasimai.work/2018/09/14/01-28/


つまり、この文章からわかる事は彼らが世界通貨協議会に参加した目的は、漆沢さんが提唱する世界通貨どうこうという話ではなく、


「自国の仮想通貨の宣伝」


できていたんですね。


逆に言えば、彼らは漆沢さんとは全く関係がない可能性すらある。


まぁ、このあたりは本当に巧みに作られています。


おそらく、ここから話は進んでくるでしょうが


「私は新しい仮想通貨を作ります。これは世界中に広まり価値が高まるので投資して下さい。」


「持っているだけで、毎月〇〇万円のお金が入ってきます」


といった感じで、バックエンドの高額オファーが始まる感じだと思います。


そんなうまい話なんてありませんし、どこの馬の骨かわからない情報起業家が作る仮想通貨の価値なんて上がりませんから。


くれぐれも気をつけるようにして下さい。


まぁ、この手の楽して稼げる系のものに惹かれる人は痛い目を見ると思いますし、世の中に楽して稼げるものなんか存在しません。


逆にそんなものに惹かれる人は、彼らの食い物となって終了でしょう。


ではなく、本気でお金を稼ぎたい人はきちんと地に足のついたビジネスを行うようにして下さい。


おすすめなのは、僕が実践しているアフィリエイトです。


もちろん、アフィリエイトはれっきとしたビジネスですので楽して稼げる事はありません。


それこそ一定数の努力を継続させる事は必須です。


ただ、それであっても正しいノウハウの元、正しい努力を継続させれば半年程度で月収7桁程度稼げるようにはなります。


実際、僕が主催する企画の参加者さんはそれぐらいの成果を出しています。


一応、一部ですが企画参加者様の事例はいかに記載しておきますので、参考になさって下さい。


>企画参加者の成功事例一覧


きっと本気で人生を変えたい人には大きな衝撃をもたらすはずです。


では。


>世界通貨協議会 第2話公開!徹底レビュー


PS


また、今回の世界通貨協議会についてや漆沢さんについての質問、あるいはそれ以外の質問がある方は直接連絡して下さい。


時間がある時なんかはスカイプもできるかもしれません。


>根本に直接連絡する


また現在期間限定で特別レポートを無料配布しています。


こちらも合わせてどうぞ。
↓↓