お世話になります。


根本です。


「いよいよきたな」


という感じがします。


「いきなりなんだ」というでだしですが、今回の記事のキーワードに関してです。


そう、2020年からは


「ネットスキルを身につければ中学生でも大人以上に稼ぐ時代になる」


と言う事。


いやー、いよいよきたいなと言う感じですよね。これは。


というか僕も最近ネット業界全体を見渡していて思うのは


「中学生でも大人以上に稼いでいる人がでてきている」


という事実。


中には、小学生でブログを始めたりDRMを始めて自分でお金を稼ぎ始めている人もでてきました。


これはまさに革命であり、これまでの日本の仕事の常識をどんどん変えて行く事になると思います。


それこそ大人であってもスキルがなければ、小学生に指示されてこき使われるようになっていくでしょう。


「スキルがある人間がどんどん上に行く時代」


こうなっていくのは言うまでもありません。


どうですが、自分の子供よりも下の年齢の子供に


「おい、〇〇君。君の仕事はなんでそんなに遅いんだ。気合いを入れ直せ。」


とかドヤされる苦笑


しかも小学生とかに苦笑


僕は考えただけでもゾッとしますが、こうなるのも時間の問題でしょう。


そんな事になりたくなければ、自分にスキルを身につけるしかありません。


手っ取り早いのは「自分で稼ぐ」を身につける事ですね。


ただ、ネットビジネス界隈の中学生プレイヤーとかをみていても、かなり実力はあると思います。


それこそ、今はまだ色々な制約がある中で情報発信をしていますが、これが高校生になったり大学生になったり、それこそ社会人になって制約がどんどんなくなっていくと凄まじい事になっていくだろうなと。


現時点では、それらの中学生プレイヤーもブログなどで発信しています。


しかもワードプレスを自分で開設して、自分で文章を書いて情報発信している。


自分の中学生の時から比べれば、凄いとしか言いようがありません。



中学生プレイヤーに負けない為には



これは端的にまずは彼らに負けないスキルを身につけるしかありません。


ただ、やはり知識や情報もっと言えば手持ちの資金なども考えればすぐに彼らに負ける事はありません。


まぁ、遅くともあと3年ぐらいは先ほど僕が言ったような未来はまだこないと思います。


しかし、うかうかしているとそうなってしまう。


だからこそ、今からスキルを磨くしかありません。


じゃあ、まず今稼げていない人は何のスキルから磨けばいいのか?


この答えは明確です。


それは僕が普段から言っているように


「情報発信スキル」


になります。


要は、僕が今このブログで行っているようなことですね。


ではなぜ、これからの時代この情報発信スキルが大切になると、


「個人が企業並みに稼げる時代がくるから」


です。


この辺りは個人が使えるプラットフォームが強力になっていっているからと言えます。


例えば、最近で言えばYoutuberとかは典型です。


トッププレイヤーは事務所に入っているものの、個人で企業に負けないぐらいの収益を発生させています。


これは一昔前では到底考えられないことです。


そして、彼らはよりユーザーと近い存在になりつつある。


例えばYoutube動画で割に人気の動画って、Youberの1日のルーティーン動画とかだったりします。


要はこれは、ユーザー(視聴者)とそのタレント(Youtuber)との距離感が極めて近いと言う事。


つまり、今後ユーザーはどんどん個人のキャラクターにフォーカスしていっているのです。


これもひと昔前では考えられないことでした。


例えば、タレントなどで言えば必ずTV経由で視聴者に届けられていましたし、個人的に活動しているタレントなどに興味を持つ人なんて皆無。


それこそ、ヒカキンもはじめしゃちょーも20年前ならただの一般人で終了でしょう。


「お前だれ?」の世界です。


しかし、今は違う。


何より、彼らが稼げている理由は


「情報発信をして」


稼いでいるわけです。


Youtuberの場合はYoutubeで。


アフィリエイターであればブログやメルマガやSNSで。


何より、今回の記事の冒頭でお話した中学生プレイヤーも主にブログで情報発信しています。


つまり、僕たち大人が彼らに飲み込まれないようにするには


「最低限ブログでの情報発信は必須」


なわけです。


何より、ブログだともうすでに稼ぐプロセスは溢れかえっていますし、実際に稼いでいるアフィリエイターなども山のようにいますので、ただその道を辿れば良いだけ。


僕の場合であっても、情報発信の企画の方ではたくさん結果を出す参加者を輩出してきました。


>企画参加者成果一覧


ですので、もうあなたがやるべき事の答えはでていると。


もちろん、いきなり情報発信はきついと思うのなら転売などで実績や経験を積んだり最低ラインの収入を確保しながら実践するのもありです。

>まずは転売で自分で稼ぐ体験をしてみる


いずれにしても、何をすれば良いのか見えている以上


「やるかやらないか」



の時代に突入しているの間違いないんですね。


それこそ、最近色々とリサーチしていても本当に稼げる環境は増えてきたなと思います。


僕がネットビジネスに参入した時などは、情報起業とかしか大きく稼げませんでしたけど今は山のように稼ぐ手法はありますからね。


それこそ、以下のノウハウなんかは開始初月とかで楽々稼げたりする。


http://affiliate-strategy-tactics.com/archives/3252


こんなのも昔はよほどの事がない限りありませんでしたので。


だからこそ、時代に取り残されないためにもやるかやらないかなのだと。


ちなみに、今後の日本は確実にスキルがない大人は一切収入が伸びない時代になってきます。


経済の伸びもゆるく、人口もどんどん減っていくがIT環境はどんどん発展していく。


つまり、これまでの社会常識は全て通用しなくなっていくのです。


例えば、


・終身雇用
・年功序列


などは典型でしょう。


まぁ、この辺りは今でもだいぶ崩れてきていますが、今後さらに拍車がかかっていくと思います。


ですので、スキルがない人間。


スキルを身につけない人間が、ガチで悲惨な状態になっていくと思います。


それこそ、勤続40年の60歳サラリーマンが手取り13万とか・・・・・


悲惨としか言いようがありません苦笑


しかし、見方を変えればこれはチャンスとも言える。


なぜならスキルさえ身につけてしまえば、好きな事を好きなだけできる時代になるから。


そして好きな事で好きなだけ稼げる時代になる。


それこそ、これまで必須だった上司との付き合いとかそういう面倒なイベントは一切しなくて良くなります。


だからこそ、これから経済的に生き残っていきたい人は今からスキルの習得に走るしかありません。


今の時代はツールなどもかなり発達してきていますので、ツールの力を頼りながらスキルを身につけるのもあり。


いずれにしても、否が応でもそう言う時代がもう目の前に来ていると言う事。


その事実だけでも認識しておいて下さい。



いつの時代も成果を出す人は行動が早い



そして、成果を出す人はいつの時代も行動が早く挑戦をする人たちです。


とにかくフットワークが軽く、失敗しても気にせずにどんどん挑戦を続ける。


プライドとか見栄なんてものもありません。


失敗しても失敗しながら挑戦し続けて、成功するまでやり続ける。


多くの人は「失敗=辛い、ダメな事」と考えます。


しかし成果を出す人は「失敗=あって当然。むしろ普通の事」と考えます。


このマインドの差ですよね。


だから、アンチと呼ばれる人が一生アンチで終わるのはそういう事なんです。


>クソキモいアンチで一生終わる人と人生を逆転する人との違いとは


それこそ、ちょっと実践してうまくいかなければ「詐欺だー」とか「騙されたー」とクレームをバンバン出す人はもう完全に末期症状。


ここまで行けば悲惨としか言いようがありませんね。


少なくとも、こういう人が成果を出す事は絶対にないでしょう。


やっぱり、中々成果がでない人ってそもそもの挑戦の数あるいは失敗の数が少ないように感じます。


もちろん、その大きさにもよりますがやっぱり稼ぎたいのと思うのなら稼げるようになるまで挑戦すべきです。


何より、今日話をしたように今後はそのスキルを身につけないと死活問題になっていきますので、僕としても是非このブログの読者様にはそういうスキルを身につけて欲しいなと思います。


その環境はバッチリ整っていますので、是非以下を利用してみて下さい。


>短期型ビジネスのスキルを身につける


>長期型のビジネスのスキルを身につける


では、今回は以上になります。


ここまでご覧頂きありがとうございました。


PS


あっ、ちなみにこれは余談ですが最近僕のブログ、メルマガ読者様には中学生とか高校生とかがめっちゃ増えてきています。


それこそ、中にはお小遣いを貯めたり親を説得したりでノウハウを購入したり、企画に参加する子もでてきました。


共通するのは、彼らは本当にスポンジのように色々な事をすぐにインプットしていきます。


おそらく僕の企画でも、中学生が月収7桁を達成したりするのをブログで公開するのも近い将来確実にくるでしょう。


マジで大人の僕たちも頑張らないとですね。